第八話 過日の嘘(一)夕立

先ほどまでの眼光はどこへやら、青年はあどけない表情で自身の両腕を無邪気に美奈子に絡ませてくる。 「ねぇ、おねえちゃんは、ぼくのおともだち?」 「え……」 「あっ!」 青年は目を輝かせて、湿り気のある風の入ってきた中庭の方 … 続きを読む 第八話 過日の嘘(一)夕立