アリスの栞

「出会った彼の秘密を知って、私は恋に落ちました。あと、脚立からも落ちました。」

何をしたいのかわからないまま青春を過ごす主人公がなんとなく出会った、とあるブックカフェ。そのマスターはもう一つの顔としてバンドのベーシストをつとめている。そのブックカフェの片隅には、いつも不思議な青年がいて……。

posted on2019.10.1.

第一話 落丁

東京都の西の隅っこの街のはずれにある、とある本屋。真弓がこの本屋でのアルバイトを決めたのは、今月入学した大学と一人暮らしのアパートのちょうど中間という好立地に加えて、カフェが併設されているからだった。真弓は自他ともに認め...
posted on2019.10.1.

第二話 ナポリタン

「アリスの栞」でのアルバイトが決まった旨を、さっそく真弓は両親に報告した。 「うん、明日から。家賃はカバーできそうだよ。卒業前には海外旅行にも行けるってさ」 電話口の母親は、「それはすごいね」と笑い、 「体に気をつけてね...
posted on2019.10.1.

第三話 マフィン

「あの、スミマセン……お客様……その……」 真弓が口ごもっていると、中野は「あーあーあー、」と手をひらひらさせて、 「真弓ちゃん、気にしなくていいよ。よくあることだから」 とフォローに入ってくれた。 「え、でも」 「気に...
posted on2019.10.1.

第四話 カフェラテ

初出勤をなんとか終えてくたくたになった真弓は、アパートに帰るやいなや、そのままベッドに突っ伏した。 (なんだろ、あの人) 急にいなくなった「イケメン落丁青年」のことだ。カフェでの初バイトは、とても楽しかった。マスターもい...
posted on2019.10.1.

第五話 素直

心底驚いた真弓であったが、彼女は元来、とても素直な性格だ。それを象徴しているのが、次のこの言葉である。 「あぁ、だからか……」 そう、真弓にはすぐ合点がいったらしいのだ。 「え、何が?」 ハルコが不思議そうに問う。 「こ...
posted on2019.10.1.

第六話 そういうこと

空腹で目が覚めた。朝食をロクに取っていなかったから無理もない。コーヒーのいい香りが真弓の鼻腔をつく。 「おはよう」 一階から様子を見に来た中野が声をかけた。 「あ、スミマセン、私、つい寝ちゃった」 慌てて立ち上がる真弓に...
posted on2019.10.1.

第七話 ポスター

とある雨の夜、営業の終わったカフェの店内の薄明かりの中に、ぼぉっと彰が現れた。 「やぁ、こんばんは」 マグカップを磨きながら中野が挨拶する。だが、彰はそれに応えない。 「どういうつもりだよ」 「何が?」 彰は剣呑な表情で...
posted on2019.10.1.

第八話 軽率

「幽霊? なんの話かな」 そう言ったのは、他ならなぬ中野だ。真弓は「え?」と目をキョトンとさせた。 「あの、例のイケメンさんの件なんですけど……」 「まぁ、こんな古民家じゃ、幽霊の一人や二人、出てもおかしくないかもしれな...
posted on2019.10.1.

第九話 落下

真弓は階段を駆け下りると、中野に向かってこう言った。 「bookmakerのCDとかって、ありますか」 中野は背を向けたまま、 「あるよ。少し高いところにあるから、脚立を使わなきゃだけど」 そう返答したので、真弓はバック...
posted on2019.10.1.

第十話 義務

学生の本分は勉強だというが、授業を受けても、レポートを書いていても、あの日以来、真弓はどこかうわの空で過ごしていた。この日も昼休みに学食でラーメンを食べていたのだが、すっかり麺がのびてしまっている。 「大丈夫? 風邪でも...