「彼」について

悪夢をいざなう(元)精神科医、死体と会話する解剖医、人格がほつれ出した若き刑事、そして天使になってしまった「君」。 彼が、誰の笑顔も思い出せないのは何故だろう。 これは不条理が容赦なく降り注ぐ魔都市・東京で繰り広げられる、どこまでもくだらない舞台だ。「愛の意味」と「正義の定義」を追い求め続けた、愚かな「彼」の顛末を話そうか。

posted on 2019.10.1.

プロローグ(意味のない幕開け)

これは、紅茶がさめるまでに語られる、「本当の彼」が「彼女」と結ばれるまでの暇潰しにもならない物語。 【悪夢の演出家より挨拶】 最初に告げておきましょう。僕は一介の演出家に過ぎません。この白い箱には約束という名の極上のプレ...
posted on 2019.9.2.

第一章  幻想即興曲

篠畑礼次郎はスープを掬う手を止めた。しばし微動だにしなかったのだが、たった今受けた報告をもう十分に咀嚼したのか、一人で頷くと 「資料はありますか」 そう若宮郁子に訊ねた。若宮は青ざめた顔色を戻せないまま、おぼつかない手つ...
posted on 2019.8.2.

第二章 洗脳の方法

ミズ・解剖医が気だるげに白衣を着替えながら話しかけるのは、一人の迷える仔羊だ。 「つまりは肯定されたいわけね、あなたは。肯定には色々オマケがついてくるから。いい点数、高いお給料、羨望の眼差し。でも誰から? 世界から? 世...
posted on 2019.7.2.

第三章 さようならだけはいわないで

冷たい廊下にカツン、と高音が響く。狭い空間によく映える鋭い音。それがテンポよく聞こえてくる。彼は読んでいた本から目を離し、来客を待った。カツカツという靴音は、彼の部屋の前で止まる。 一呼吸置いてから、来客は静かに彼にこう...
posted on 2019.6.2.

第四章 その手から零れ落ちる羽

【某年某月 獄中での手記】 いつから、僕は自分の影に囚われ、自分の翳に飲まれたのだろう。それとも、これが僕の本当の姿だったのだろうか? だとしたら、きっと僕は幸せだったんだろう。 彼女が教えてくれたのかもしれない、僕の知...
posted on 2019.5.8.

第五章 その面影

「――、おはよう」 彼女の記憶から唯一欠けているものがあったとしたら、それはきっと彼が呼ぶ彼女の名前だ。 名前そのものを忘れたわけではない。あの人が彼女の名を呼ぶその声が、どうしても思い出せないのだ。 「……おはよう」 ...
posted on 2019.4.30.

第六章 正義の定義

正義(名)セイ・ギ 【器物損壊容疑の取り調べ時に録音された『彼』の肉声】 「僕は、正義だ。ただひたすらに、自分の正義を貫くだけだ。僕は正義の刑事で、あいつは裁かれるべき殺人犯だった。僕は悪くない。僕が悪いわけじゃない。な...
posted on 2019.4.1.

第七章 正しい紅茶の淹れ方

春の初めの暖かい風が、彼の頬を掠める。彼の足もとには、芽吹き始めた新しい命たち。朝露を受けてしなやかに伸びる、その葉々を邪魔するように一つ、影が転がっている。朝日を浴びたそれは、先刻、ただの肉塊と化した。 逆光を浴びて薄...
posted on 2019.3.1.

第八章 その面影

「俺を信じるか?」 彼は相手の目をまっすぐ見ながら、というより相手の目をえぐる様な鋭い視線でそう問いかけた。 「それとも、世界を信じるか?」 「……!」 捕えられた相手は、突き付けられている凶器と思しきものをどうにか除け...
posted on 2019.2.1.

第九章 彼は気まぐれにキスをする

若宮は動揺を必死に抑えながら、再び咳払いをして 「おはよう、葉山君」 と挨拶をした。途端に背後から、痛い視線の集中砲火を浴びるのだが、若宮は毅然と無視する。 葉山は一歩一歩ゆっくり若宮に近づくと、持っていた花を若宮の机の...
posted on 2019.1.1.

第十章 沈黙の詩

「宝飯玲子は、ここにいるわ」 ミズはそう断言して篠畑を見据えた。篠畑は言葉を途切れさせたきり、その場に立ち尽くしている。ミズはしてやったりとばかりにニヤリと笑った。 彼女の狙いはただの腹いせだ。こんな舞台で踊らされたこと...
posted on 2018.12.3.

第十一章 因果

愛や正義は人間の大好物ですからね。人を裁く時も判ずる時も、そこに愛や正義があれば、否、存在などしていなくてもそれを謳えば、どんな利己的な感情も合理的な凶器になる。そのことを君はわかっていましたね。わかっていて、利用しまし...
posted on 2018.11.3.

第十二章 素数

そういえば、彼女について何も知らない自分に気付いた。彼女の名前は知っている、笑顔は知っている、怒った顔も知っている。死に顔さえ知っていた。けれど、それ以上の何も、彼は知らなかった。十分じゃないかと笑う自分もいる。それでも...
posted on 2018.10.3.

第十三章 決意

彼女は僕に、絶対的な孤独を与えてくれました。僕がそれをどうして愛さずにいられますか? あの冬の日、彼女は永遠になった。即ち僕の孤独が永遠になったということです。孤独は『1』。死は『0』。僕が彼女と交われば『0』になってし...
posted on 2018.7.3.

最終章 誕生

決して、俺を忘れるな。 運命の日、あまりにも澄み切った夜空に、星々が瞬いている。太古の人々は、その配置に物語を与えて意味を紡いだ。誰もそれをただの化学反応だと切り捨てなかった。一種の浪漫などに准えて、愛や正義を謳ってきた...