後悔

夕立

ワイパーがせわしなく動いている。打ちつける雨は容赦という言葉を知らない。フロントガラスを襲う水滴は、ハンドルを握る隆弘の気分を苛立たせるのに十分だった。あの日も、こんな空だったら。そんなことを考えてしまうのだ。青の冴え渡る空に高々と上がった…