ひみつ

1 君の横空いているなら1名で今すぐ予約させてください 2 言い訳を探してるうち春が来て夏去り秋に枯れ果てるひと 3 折る指も足りなくなって心臓を差し出しました きみに逢いたい 4 髪の毛も爪も裸もきみのため気を衒わずに...

願いごと

1 首を吊るための道具と知っていてあなたに贈る手編みのマフラー 2 飴玉を転がす舌先を眺める 赤色3号はたぶん私 3 手を繋ぎおんなじ月を見上げても一つになれない 寒さのせいだ 4 道端に落ち葉に隠れ朽ちていた小鳥の死骸...

挨拶

死にたさは生きたさですと教科書に載っていたから絶対に嘘 階段が天国にまで続いててああよかったなって一歩踏み出す 目の前を通過列車が過ぎてってあたしのこころだけ轢いてった 帰り道赤信号だけを選んで歩いたけれどまだ生きている...

優しさ

ふりこって誰がどうあれあるがままふれているから羨ましいな 心臓の奥の奥より奥のほう 君が粗末に捨てたまごころ 優しさは流行らないから味のないガムを選んで渋谷を歩く ふたりして爪を噛むからふたりしてひとりぼっちをディスプレ...

放置

断言が断罪になるというのなら早く私を馬鹿と貶して この駅に快速列車が止まらないのも寂しさも私のせいだ 鈴虫に唆されて僕はいま誰も知らないソリストになる メロディを重ねるたびに嘘がほらバレていくから早く歌おう むかし観た映...

悲観

こめかみがなんか痛むと思ったら背後で君が微笑んでいた  低気圧のせいにしようかなにもかも しばらく歩き出せそうにない  黒猫が忌み嫌われているように私が居ると薔薇も枯れます  苦しみをほどく...

妖精

番号の中に私の誕生日が隠れてるからスマホごと好き  「嫌いだ」と口に出せれば大丈夫 その素直さで生きのびてゆけ  石ころは磨けば光るわけじゃない 輝きなんてただの傷あと  行列のできる店です...

解像度低めの心携えて行けるところまで行くのが恋 スコールのあとあなたが降ってきて少しもできない共感が恋  恋のせい ヘッドフォンから洩れ聞こえてきた君の声を遺書にした  手のひらに人を何回書いたって喉...

ひとり

言い訳を考えてたら朝が来てああこれだなと太陽を蹴る  光あるところの影が私です 必要悪と呼んでください  パソコンで「じしょう」と打つと「自らを笑う」と化ける我のスペック  事件簿に載らない...

我もまた少女だったというひとの思い出に載る灰のアルバム 悲しいと爪を噛む癖を叱ってくれたあなたの影を踏んでた その人が絶対であり神であり愚者であったと気づくのが恋 大切を大切にして大切に抱えていたらグレーになった もう一...