今日の短歌

1 日々だった紡いだ息もあやまちも月がきれいと伝えるための 2 桜舞う夜に思い知るああ既にきみはきちんとぼくの傷あと 3 耳たぶに花びらの降るふれられてクラクションさえ無視し続けた 4 ベランダに花び…

今日の短歌

1 火曜日のエンドロールにきみの名が焼きつけられて今日は満月 2 満月を言い訳にして仲直りきれいだねって月のほうかよ 3 薬局で分けてもらったサムシング毒か薬か知らないで飲む 4 コンセントにピンセッ…

今日の短歌

1 めでたし、のつづきをみんな生きている罪の意識にリボンをかけて 2 「生きている」わざわざ口に出すようになって久しい春一番よ 3 叫べたら壊れることもなかったと軋む吊り橋の上できみは 4 枯れていく…

二月

1 傷つけた人の顔にはモザイクをかけやり過ごす二月の短さ 2 泣きたいと泣くの間の距離感を埋める二月の生ぬるい風 3 花ですか、それとも可能性ですかきみが二月に失ったのは 4 ただ画面のなかに映る海が…

1 Bメロを繰り返してる口笛が金曜の夜の雪に消される 2 「積もったね」返事をせずに訥々と雪を人さし指で追ってた 3 新雪に初めて足跡つけたからそこからここは支配空間 4 コンビニのおでんが今日は優し…

雪の日のラジオ

1 ふつおたはフランスのオタクじゃないの。「よくある質問」に入れておく? 2 大雪の予報を告げる予報士の隠せぬ笑みが音声に乗る 3 眠れない夜に何処かのくだらないトークに励まされる(ありがとう) 4 …

箱庭

1 そのなかに神の文字あり僕たちは何を治しているのでしょうか 2 こころには絆創膏が貼れなくていつになっても血が止まらない 3 夕食後カップを持って行列になって薬を待つ午後七時 4 映画にもカフェにも…

1 UFOを見かけた夜の帰りみち白い息だけ捕まえ歩く 2 人材、と呼ばれるときに血と骨でできていますと答えたくなる 3 おでんではちくわぶが好き共感は別のところでお願いします 4 こたつとは要塞である…

1 十年に一度の寒波メイクして街を歩けば頬に立つ霜 2 霜柱踏んづけ歩く朝のみち遅刻のわけを誰も責めない 3 晴れた日にこそ降りる霜出会いとは別れの合図(認めたくない) 4 しもやけになるまで待ってい…

1 絡まった毛糸をほどく窓辺にて「粉雪だ」ってきみはつぶやく 2 春を待つ(固いこぶしがほころびるよう)祈りにも雪が積もる 3 雪だるまたぶん私のご先祖もそのご先祖もそのご先祖も 4 「極寒の雪国生ま…