すぐ読める、さくっと読める、でもなにか、なにかが胸に残れば嬉しい。

そんな作品たちです。