オリオン座

沈黙は美しすぎて 怖くなるから破ってしまった 秘すれば咲く花 散りました 夜空に煌めくお星様 今年も出逢えたオリオン座も 無常以上に官能的に 彼方へ沈んでいくのでしょう 置いてかないで 目を凝らしていて 明日まで待てる自…

回転木馬を想え

容易く祈ってはならないと あれほど言ったのに お前はまた手を組んで 両目をきつく閉じている その隙に僕は薄氷の上で お前の影を盗むのだ お前がこれ以上何も望まないよう それを拒絶するならば 回転木馬のことを想え まわる …

輝き(命名権)

とぷん、とぷん、 君の心臓は面白い音がするね。 ぐらん、ぐらん、 君の自意識はすぐに揺らぐね。 今まで見てきた星の中で もっとも美しいそれには まだ名前がないんだっけ ぱちん、ぱちん、 どこかで何かの爆ぜる音がしている。…

影よ

散々ないがしろにした おのれの影を抱くと そいつはしとしとと泣いており あらためて 可哀想なやつだと思った 鏡で自分を見るとき なるべく微笑むのは そうでもしないと 睨まれることを よく知っているから くたびれた我が影よ…

血管

こころに血管が通っていたら 私のそれはきっと 太く短くあり それでいて伸縮性に富み 時折ぐるんとうねっては ずどんずどんと感情を吐き出し ぶるると震えることでしょう 寒くて震えるわけではなく 悲しくて震えるわけではなく …

神無月に添える詩

ボロボロと涙が降る夜は、神無月に居残る祈りを未練と呼ぼう。それだけで救われることもあるから、なんてね。 君は無力だ。青春のやり直しをスクリーンに求めてばかりで、性懲りもなくときめいている。それで満たされるほど単純で簡素な…

秘密

あなたの寝顔を見るとき、それが真夜中のベッドの上だろうと京王線の中だろうと、私は願わずにいられない。 叶うのなら、もうあなたが苦しむことのないよう、そのままずっと夢の中にいてほしい、と。 伽羅の香りのする欲望は、この季節…

citrus in the dark/waltz

私はあなたの傷のありかを知っている。あなたが一番痛がる場所を知っている。知っていながら、そこをえぐる。知っているからそこそ、そこをえぐる。三拍子でえぐる。それが罪になるのなら、もう恐れるものは何もない。失うものといえば太…

月兎

「君を、抱いていいの」 まるで罪の告白、或いはあどけない脅迫。それは前奏のないポップスのように明け透けだ。 私は許しを与えるように首を縦に振った。 「本当に?」 疑心暗鬼に支配された言葉。信じられないということは一種の弱…

マグカップ(All you need is…)

貴方が寝ぼけ眼で毎朝淹れてくれるコーヒーは、私にとって幸せの香りだ。駅前で買ってくるそれらは、専門店で挽かれてその場で真空パックされる。鮮度を保つために。 私は、たまに貴方を真空パックにしたいと思う。刻一刻といつかやって…