晩秋の傘

のど飴の優しさを知る晩秋にほんのりと死に近づいてみる 思い出よ 積もれ積もれよ落ち葉より軽いからなお悲しさも増す 嘘つきも人が恋しくなるらしくぬくもりのためまた嘘をつく 雨やどりしていいですか今日きっとあなたのために私泣...

ゆるす

簡単に愚か者は牙を剥くけど君は微笑み全てを許す この先は静かにしてて二番線で特急列車が泣いているから 赦しとは傷を手放しあやすこと 痛覚さえも我が物にして 結ばれる糸の色がなんで血と同じなのか考えてみよ 嗤うより嗤われる...

秋の残滓

かけっこは今も苦手だ欲しいものに手が届きそうで届かないから 友達と一緒にされて立つ腹も恋の一部とわきまえなさい 夢なんてもう見れないと泣く君の手を温めることを夢見る アイルビーバックと残して去る人にアイドンウェイトの走り...

未来

さかさまの夕焼けを見た帰り道 たぶん僕らは無敵だったね 小さな手 握り返したぬくもりを忘れてしまう仕組みが憎い 手放した記憶たちがまた居座って青春のやり直しをさせる 退屈な質問をしてすみません 私のどこが好きなのですか ...

ホットココア

繰り返しお伝えします この僕は君の前では嘘がつけない 寂しいと呟くことが寂しいとホットココアに溶けてく言葉 ため息も白くなってく霜月のドアの向こうに君が待ってる いつのまに育った気持ちだったのかわからないのは寒さのせいだ...

贈り物

思い出が美しいなんて決めないで 今から汚すつもりでいるの 最近の流行をよく知らなくて「今どき?」なんて言われ嬉しい 街路樹にコートを掛けてあげたいと言ったあなたにくるまれたいよ 初めての夜がはらりと遠ざかる 幸せ色に滲み...

ほっと

いい加減私の気持ちに気付いて そして隣で天気を当てて 未来ならフリーハンドに描くから軌道に貴方を必ずのせて 暗闇の中にいるからこそ光る君の絶望は宝物だ 目を閉じてひとりっきりのフリしてもまぶたの裏であなたは笑う 雨が降る...

冬のはじまり

寒いより寂しいが勝っているとまだ貴方には伝えられない 強がりは積もれど雪にならなくて遠くで白が手を振っている 背中から羽が生えても安心だ 君が残らず毟ってくれる いま君が隣で風邪をひいていることが実は嬉しいなんて内緒だ ...

吐息

二番目じゃだめなんですと涙声 掴んだ袖に嵐の予感 告白がまるでこれでは告発だ 誰が君の心を踏んだ 時ぐすりが効いてきたから大丈夫 私あなたと眠っていたい ただ一人を信じる勇気が生まれて師走の空も笑ってくれた あの頃は傷を...