春変

寝ぼけた顔して 幼い唇でぽろぽろと 退廃的なことを言うの 春だというのに 心臓くり抜くような 我儘ばかり振り撒くの きみは冬に眠っていたかったんだろうね 魚のような目をして 灰色の空を見ている 饐えた風の手土産を 嬉しそ…

1 ト音記号へし折ってから五線譜に愛を書き足したの誰ですか 2 ドップラー効果でしょうかついさっききみの口からしねときこえた 3 大嫌い 言った直後に口の中がひどく酸っぱくなるほど大好き 4 後遺症←自己責任原則転嫁〈義…

空が青すぎた日

1 青空はとうにふたりを見放して気づけば秋も過ぎ去ってゆく 2 泣いたなら強くなれるの仰ぎ見た空にひとつも雲はいなくて 3 いい天気あまりに今日はいい天気きみが堕ちても気づかないほど 4 すずかけの葉っぱも枯れて踏まれれ…