posted on 2022.7.29

夏の五句

幽霊も踊るしかないフェスの夜 背伸びして後悔ののち夏休み 夕立ののちに手放す執着よ 青嵐それでも笑んでよいか問う 水玉を見つめる瞳もまた玉よ
posted on 2022.6.29

夏の五句

青い舌出し笑いあう夏の宵 梅雨明けよ飛行機雲の伸びる空 道半ば転んでもなお青嵐 玉の汗すべり落ちるかまるい頬 夏の月付箋だらけの文庫本
posted on 2022.6.19

夏の五句

風薫る洗いざらしのワイシャツよ 涼風よつまびくショパン午後三時 隊列を外れ自由を知る蟻よ 五月雨が地を打ち弾む三連符 へいぼんな日々は宝よ麦茶飲む
posted on 2022.5.1

春の五句

うつろいを告ぐ蝶々の瞬きよ べにをさす誰もがやがて春惜しむ 平和こそ心に架かる初虹よ 春愁にひとりラジオの沈黙か 猫の子の生意気なこと花まるぞ
posted on 2022.4.1

恋の手帳

うららかよ午睡ののちの二度寝こそ 突然の打ち明け話春一番 シャンプーよ指に絡まる桃の香よ 朧月ほんとうのことだけが要る いぬふぐり踏まれてもなおいぬふぐり ひとひらの桜舞いこむプリーツよ 春惜しむ傷つ...
posted on 2022.3.27

春の

桜咲く散るを知ってか全力で 諍いもほどかれてゆく雀の子 春時雨エンドロールと遊ぶ影 雁帰る生まれ故郷はなお遠く のどかさよ犬吠え猫は夢のなか
posted on 2022.3.1

早春

ワンピース春一番に身を預け 春ショールまといスキップ生きてこそ たんぽぽのエールを受けて踏み出す児 春の蝿SOSか置き手紙 ブランコよ見え隠れするおぼろ雲
posted on 2022.2.11

晩冬〜早春

冬尽きて友を許すか喫茶店 風運ぶバスよ栞はさくら色 雑踏よ春告鳥は知らん顔 雪だるま別れ支度を始めるか 巣立ちのちそれでも厨に立つ母
posted on 2022.1.26

冬の五句

風花のゆく道照らす破顔こそ 手ぬくめて転居届にかかる雪 山茶花のくれない灯る子の頬よ 陽のあたる縁側に初すずめ来る 鳥影よ初日の入の地平まで
posted on 2021.12.22

マフラーを編むほどに急く指先よ 初雪が迷いと消える街角よ クリスマスツリー仰いでひとりの夜 ひと切れをわけあう頬の赤らみよ ただいまを待つ父母よ十二月
posted on 2021.11.9

晩秋

ぬくもりよ秋の小径で繋いだ手 帰りみち母と踏みしめ落ち葉鳴く 紅葉よ時よ止まれと伸ばす影 夕まぐれ一歩一歩と秋熟れる 秋風が運ぶ戸惑い初恋よ
posted on 2021.10.16

いわし雲ひとそれぞれに旅立ちよ 秋桜よ逆風にこそ凛とあれ 破顔する母のまぶたに月宿る 赤とんぼ昔語りに寄り添うか 歳月よ山粧うか老いてこそ
posted on 2021.10.2

紅葉よ燃えて散るとは生き様ぞ 傘の帆に連なる露のきらめきよ 勇ましさ秋刀魚がどんとある夕餉 芒まで手を振り返す帰り道 三日月よふくよかな闇抱きしめて
posted on 2021.9.29

長月

からっぽの籠に手を延べ小鳥発つ 秋の雲進めば影も道となる 月を抱く人よ熱まで閉じ込めて ありのまま明日を導く小鳥こそ 秋の雲うつろうすべて頬に受け
posted on 2021.9.21

星月夜平和こそ世の宝物 映えるほど虚しくもある毒きのこ 深呼吸明日は明日流れ星 夜学するひとのため息風となれ 朝露と輝く悔し涙こそ
posted on 2021.9.7

枯れてまで寄り添うすすき風に揺れ 名を呼んでなお一人きり秋の朝 秋澄んで大丈夫だと膝こぞう 秋色のシャドウ明日は旅立ちよ なり代わり泣いてくれるか秋の蝉
posted on 2021.8.15

甲子園

球児たち勝ち負け越えよ甲子園 ひざの泥勲章として誇る夏 去る者を称えよここは甲子園 白球が運ぶ真夏の意地と意地 甲子園負けの味こそ財産ぞ
posted on 2021.8.6

盛夏

蝉時雨どこに終止符置くべきか 祈りの日したたる汗のきらめきよ 後悔をしてこそ響く遠雷ぞ 夢さめて氷水飲む喉もとよ 午睡してバナナひとくち平和の世 手土産のメロン切る母の破顔よ
posted on 2021.8.5

窓際でひとり手遊びレモン水 ラムネこそ恋のはじまり告げる味 サイダーを舐めて慄く三毛猫よ 陽光にゼリーを透かす茶色い目 手つなげばアイスも意地も溶けてゆく
posted on 2021.7.30

風鈴を鳴らすそよかぜ捕まえて 髪の毛を束ねて恋よソーダ水 七日目の蝉が喚いて日が暮れて 雷鳴よひととせ待つか想い人 虹を見た午後にとなりで笑うひと
posted on 2021.7.8

金魚玉梳かれる髪のきらめきよ 公園に休符遊ぶか夏祭り 夏の星いのち巡ってまばたきよ 不可逆か月を睨んでアゲハ蝶 笹舟に託す吾子の灯ほたるとぶ 夕立がなぐさめとなる帰り道 三拍子最後の電話精霊馬 怪談か...
posted on 2021.6.4

初夏

泣きぬれて色づいてゆく紫陽花よ 虹を待つひとに届くかラブレター 梅雨寒よ寂しさと手を繋ぐ夜 夏の風そろそろ前を向くときか トマトこそ恋をしている子の実り
posted on 2021.5.28

初夏

プレリュード移ろいゆくか夏の雲 リグレットつばめよ高く飛んでゆけ 皮膚呼吸フットネイルで思い出す アミュレット摘まれる前に散るかりん アンテナが手折られていま入梅か
posted on 2021.4.12

落涙よ花の色まで連れ去って 桜こそ刹那を示す道しるべ しゃぼん玉割れてこそ世の儚さよ なにもかも巡るさだめか花風よ 陽炎がときめき立って犬吠える
posted on 2021.2.19

春浅い川のみなもの煌めきよ 薄氷にピリオドを打つスキップよ 五線譜よ春告げ鳥を導くか 春風に心弾ませ旅の手記 ひとりごと零してもまだ朧月
posted on 2021.1.19

新春

息災をインクが告げる年賀状 老いた手で春待つ母の筑前煮 平等か良い子悪い子お年玉 初雪と消える初恋あわい窓 見上げれば祖母の微笑む冬銀河
posted on 2020.12.31

冬~春

約束が輝きを増す聖夜こそ 残り鷺孤独を辞書に刻んだか ゆく年に感謝を告げて涙明け 子どもらの秘密を知るよ雪だるま 鍋囲む笑い声まで美味い夜 目を閉じて心まかせてアゲハ蝶 散る花よいずれそちらへ口結ぶ ...
posted on 2020.11.26

都市を詠む

白い息はずませ進む交差点 クリスマス山手線で結んだ手 初雪を同じビルから見るひとよ ビル群はイルミネーションみなひとり 枯木立ひとりで歩く渋谷駅 新宿よ冬の落暉に細める目 肉まんであたたまるのが都市の...
posted on 2020.11.6

神無月

さよならを見送るだけか秋の風 林檎食む頬に夕陽のさしてこそ 稲妻と落ちる初恋閃いて 目をつむり亡き友と酌む紅葉酒 すすきまで手をふり返すひとりの夜 快速よ待ち人の住む街も秋 オルゴール遠い記憶に照る紅...
posted on 2020.9.29

ひりひりと右肩が泣く秋の蝶 りりりりとなにが悲しい鈴虫よ どんぐりと寂しさ分かつ手のひらよ 驟雨まで私を責めるため降るか アキアカネ恥じらい消えてしまうまで 厳かに影を伸ばしてひらく桔梗 白亜紀も湿ら...
posted on 2020.6.13

梅雨

雨音のスタッカートに踊る恋 ソーダ水躊躇が喉を下りてゆく 濡れそぼり仰ぎ見る天のモノクロ 蜘蛛の巣も宝石になれ垂れ滴 雨傘をくるりくるりとゆるむ頬 葉の裏のカタツムリこそド根性 長電話すっかり雨もやん...
posted on 2020.6.7

目を閉じてそれでも灯る蛍火よ 子のいのち託した蛍去ってゆく 雨傘の柄に重なったふたりの手 紫陽花にスマホを向ける老いた父 結ばれず自由を知った夏の蝶 クーラーのリモコン権が火種とは よく冷えた瓶に頬寄...
posted on 2020.5.14

わたしの初夏

【行事】 後悔も思い出であるこどもの日 背伸びした柱の疵に父笑う 母の日に贈る笑顔の花束よ 【時事】 距離を取ることもあるまい蛇苺 自粛してひとりでに舞うドーナツ盤 麻マスク手垢の意味を問い直す 【恋...
posted on 2020.4.11

小包をほどく笑顔に春が来る 書きかけの恋文にひとひらの花 思い出の隅に映えるよチューリップ 少年の道しるべたれ春北斗 帰りみち綿毛を吹けば歌になる 日めくりとともに顔出す葉桜よ シクラメン三連符まで連...
posted on 2020.3.7

花吹雪すべて忘れてしまおうか 叶わない恋ならいっそ蝶となれ 草の芽とともに天指す無垢な指 花として歩いてゆけと祖母のふみ いさかいも花の下ではほどかれる たんぽぽをたんぷぷという子がひかり ぜんまいの...
posted on 2020.3.6

花吹雪すべて忘れてしまおうか 叶わない恋ならいっそ蝶となれ 草の芽とともに天指す無垢な指 花として歩いてゆけと祖母のふみ いさかいも花の下ではほどかれる たんぽぽをたんぷぷという子がひかり ぜんまいの...
posted on 2020.2.23

鷺の巣に手を伸ばしたらそよぐ声 春雷よ私の恋をごまかすな 東風を知り戻れぬ日々にただ涙 放課後の口笛とける春の闇 厳しさは優しさだった春一番 芽吹きとは前を向くための道標 寄り添うとすぐにほころぶ梅と...
posted on 2020.2.6

ぷっくりとふくれる頬と梅つぼみ 梅の香が考えごとをさえぎる夜 生き急ぐこともあるまい花の兄 目覚ましに梅干しひとつ受験生 手のひらに梅の花びら母わらう ペンネームの由来にした春便り からころと楽しい梅...
posted on 2019.12.22

クリスマス

ろうそくを吹き消してまだ残る影 児の期待踏みしめておけサンタさん クリスマス百点満点として笑む ハズレなし優しい夜を引き当てた 雪を待つ人に届いてほしい歌 鈴の音が幻でもなお嬉しくて 微笑みもオーナメ...
posted on 2019.10.27

やせがまん モンブランまで敵とする  口笛を聞いてくれるよ秋の雨  もうドアを閉じてしまうね吾亦紅  突き詰めて結ぶりんどうの紫  お願いよ海猫帰るまでここに&...
posted on 2019.10.17

味覚

寝過ごして出会う高尾の山紅葉 台風はため息までも奪ったか 生秋刀魚 次会う時が百年目 銀杏が隣で爆ぜて緩む頬 焼き鳥が旨いお店の名が花鶏 秋桜と生き急ぐのを競いあう 冬支度 母となれない虚しさと
posted on 2019.9.28

石榴

口つけて炭酸水と航海す  石榴より私を噛んで今すぐに  梔子も噂話が好きみたい  校庭を朧月夜に睨んでた  このままで終われるものか山あざみ
posted on 2019.9.27

いじわるだ くしゃみの数を指で折る  約束はしない孤雁の過ぎる影  愛もまた檻に化けるか青蜜柑  声がするほうを向いたら居待ち月  蜻蛉の儚い夢が永遠か
posted on 2019.9.26

うずくまる影に隠れる彼岸花  ときめきは割れた栗たち破顔する  秋薔薇も僕も笑っていいですか  かりがねを見送るだけの独り道  デートには死者に梔子の香水
posted on 2019.9.26

カラス

しわくちゃの笑顔に結ぶななかまど 誰もみな孤独であるとカラス鳴く 蜘蛛の糸 夫婦の意味を問いかける ラグビーのルールを知らず酌み交わす 命日は忌念日らしい彼岸花
posted on 2019.9.26

枯葉

しっかりと暑さを惜しむ棒アイス 古本の隅に見つけた私の名 肉筆がむかしむかしのひとの癖 オルゴール僕を彼岸に導けよ プラタナス並木に落とす影ふたつ