1 苦しくて金木犀を手折るきみ逃れられずにそこかしこ秋 2 冷凍庫の奥に隠した金魚たち人を恨むか夏を騙るか 3 満月は欠けてゆくのみ きみはまだ白紙の手紙燃やせずにいる 4 二つめの月は青色回転灯まちの上気を牽制している…

枯れてまで寄り添うすすき風に揺れ 名を呼んでなお一人きり秋の朝 秋澄んで大丈夫だと膝こぞう 秋色のシャドウ明日は旅立ちよ なり代わり泣いてくれるか秋の蝉

星月夜平和こそ世の宝物 映えるほど虚しくもある毒きのこ 深呼吸明日は明日流れ星 夜学するひとのため息風となれ 朝露と輝く悔し涙こそ

パンケーキ

1 見つかった小指がとても嬉しくて落ち葉を好きなだけ蹴り上げる 2 深爪が疼く 秋には許される予定で道を間違えてきた 3 カナリアをお道具箱に閉じ込めた秘密わけあう少年ふたり 4 沈黙を分けあえるからきみとなら馬鹿のまま…

神無月

さよならを見送るだけか秋の風 林檎食む頬に夕陽のさしてこそ 稲妻と落ちる初恋閃いて 目をつむり亡き友と酌む紅葉酒 すすきまで手をふり返すひとりの夜 快速よ待ち人の住む街も秋 オルゴール遠い記憶に照る紅葉 赤とんぼ追い越し…