タグ: 現代詩

毒りんごのゆくえ

耐えて

耐えて耐えて耐えて

耐えて耐えて耐えて耐えて耐えて耐えて

ぷつん と

ちぎれた糸は用無しになって

ごみ箱に押し込められるけど

今のはあたしの神経ですから

編み直すので返してください

(思い出は美化し放題!

二時間2,980円でいかが?)

なにをしても自由なので

なにを傷つけてもいいと

透明な刃を渡されたけど

結局自分の手首に使って

赤はきれいと思い知った

赤はきれいと思い知った

めでたし、めでたし

さて問題はその後だ

小人どもに撲殺された

魔女の遺した毒りんごが

行方不明になりました

どこへ流通したのか

(誰も知らない)

生まれ変わってこちら、魔都渋谷のスクランブル交差点から、もうすぐ起こる予定の事件を生中継します。

お天気にも恵まれて、台風すら他人事で、本当に、本当に、良かったですねぇ。秋風が心地よくって……

あ、ほら、始まりました!

「やばくね?」

耐えて

耐えて耐えて

耐えて耐えて耐えて、?、耐えて

絶えた 今

鳴り止まないスマホのシャッター

天使たちのランデブーを

手中に収めんとパシャーカシャー

残念ながら苦しみすぎだ

過ぎたるはってやつだよ

なんにもないじゃないか

生まれてきた記念として

勧誘でもしてみるかい?

生きるってのは

素晴らしいって

赤はきれいだって(思い知った)

ところでその指に絡みついている

いくつかはあたしの神経ですから

もう少し丁寧に扱ってくださいね

小夜風に頬を預けて

やっとわかりました

居場所なら売ったし

涙も質に入れました

あたしにとどめを刺したのは

何番目の小人だったのかなら

カメラにしっかり映っている

でもね、復讐だなんて

今どき流行らないから

腥風が訪れるのをただ

にこにこと待っている

あたしただの木偶です

「あ、事件発生です! たった今、予定通り事件が起きました! 犯人は美しくよられた糸の束を無差別に通行人に——」

だからそれあたしの神経だってば

経験値

私が飛散したあとの地に

曼珠沙華がわらわらと咲きました

笑顔の老婆がひとつ手折って

経験値、経験値と呟いて

一輪挿しに収めます

それを窓辺で見ていた少女が

ごくんと喉を鳴らしたなら

真っ赤な花弁たちは一斉に

彼女を撃ち抜くことでしょう

じきに清秋であるからして

誰かさんの眼窩に

ぶら下がった私は

ブランコ乗りみたいに

口笛を吹きながら

窓辺からこの世が

徐々にずれ てゆくのを

上機嫌で見ています

tu tu tu

虚しさ 誰も乗らない遊覧船

虚しさ 安い慰めのフレーズ

虚しさ 誰にも気づかれない闇

虚しさ つまりは割れた風船

曇天を仰げ!

老婆は慣れた手つきで

誰かさんを手折って

何事もなかったように

モノクロ写真の中に

赤色を添える

経験値、経験値と唱えながら

赤色を押し込める

かつての少女は飛散を選び

そのあとに生えた曼珠沙華

曇天にゆらら揺れている

老婆は偉大なるルーチンとして

それを残らず手折っては

部屋じゅうの一輪挿しの口を塞いでゆく

もう誰も喋らないで済むように

モノクロ写真で微笑むふたり

老婆が霧散したあとの地に

何かが咲いたとしても

それをあけすけな愛情でもって

手折る者はもういない

私は誰かさんの眼窩から飛び降りて

清秋の訪れを待つ

誰よりもなによりも

虚しいなにがしかとして

決して望まない結末を知る

目の前に咲き誇る曼珠沙華は

踏みつけた数だけ

経験値が上がるらしいけれど

勇者に指名されたところで

世界を救うつもりなどないので

薄暗い窓辺で彼女たちと

ゆらら揺れています

からから からん

からから

からん

からからからんからんからら
つまらない音を立てて
私の骨が転がりました

もの寂しい音を立てて
からっぽのペットボトルの横に
私の骨は転がりました

名前を知らない蝶々が
私の心臓のふりをして
ひいらひいら羽を休めています

(うるる、る、うるるうるる)

名前を知らない蝶々が
私の眼球として触角を
うるるうるると蠢かしています

(ひいら ら らららら ひいら)

からから

からん

初秋の風が吹けば
私のすべては転がってゆきます
きっとなにごとでもないのです
(風さえ吹けば)

かって骨を覆った
肌に吹きつけくる風はいつだって
そういつだって優しくありました

私の目の前で
私としてからんと転がる骨が
何を欲しがることがあろう

ああそうだ
くぱっと割れたあけびの実を
欲しがることはあるだろう

からから からん

かつて骨を庇っていた
痛みを引き受けてきた皮膚はそう
疲れてしまったのかもしれないね

からっぽのペットボトルが
優しい人に収集されてる
私は一切をなかったことにされて
優しい人に踏んづけられて
丁寧に粉々にされてゆく

蝶はまた知らん顔で飛んで
飛んで知らん顔でまた蝶は

私はついに秋風になり
どこかのだれかの肌に触れ
阿呆みたいに涙を誘う

からん

からから

からん

寂しかろうと、優しい人が、
ちりとりで集めてくれたけれど
私、全然寂しくないんです。

ボート

僕はボートを漕ぐ

他に誰もいない湖面に

流行らない一艘を浮かべ

僕はボートを漕ぐ

他に誰も見ていないから

好き放題に漕ぐ

湖面を波紋が支配する

僕のオールで起こしたそれは

いびつに整列をしていく

波紋はすぐに消えていく

何事もなかったんだと

僕は言い聞かせている

向かいに座る弱り果てたきみと

初めてのデートだ嬉しいよ

きみがあらんかぎりの力で

人さし指を天へと向けた

星でも見ろっていうのかい

その表情も素敵だね

僕がボートを漕ぐその行く先に

水音を立てて何かが落ちた

きみはずっと指を夜空へ向けて

ずっと僕に命令を下している

オールを止めるな、

上を向け、

鍵をよこせ、

チョコミントを好きになれ、

スピリットを盗作せよ、

オールを止めるな、

わかったわかった

あんまり欲張ると

こときれてしまうよ

僕がきみをなだめて見上げた空からは

星になり損ねた蛇たちが

ぼとぼとと降ってきて

湖面を雑に揺らしはじめた

新しい自分との出会い!

(今年は、閏年でしたね)

やり直せるんだ何度でも!

(取り返しのつかない事象しか)

孤独はタバコ15本分の毒らしいね、だから僕はカートンでセブンスターを買うのと引き換えに、当面の間の孤独を失ったのです

(では、蛇たちにはなんと?)

きみたちだって素晴らしいと!

/「平等」ってこういうとき使うんだ/top.html →もしかして「天国への高速エスカレーター」ではありませんか?

僕はボートを漕ぐ

力尽きたきみとの

最後のデートだ嬉しいな

暗い湖底に次々と沈んでゆく蛇たちの

あとを追ってきみは

僕はボートを漕ぐ

時折タバコをふかしながら

僕はボートを漕ぐ

悲しみなんてのはすでに絵画だ

塗り重ねれば売り物になる

僕はボートを漕いだあと

岸辺の蛇たちにタバコの火を

ぎっぎっとを押しつけながら

湖面をじっと見つめた

きみが心から笑ってくれたから

何にもなかったことになる

僕はボートを漕ぐ

何にも起きない湖面に繰り出し

きみと流行らないデートをする

黒鍵

ピアノを食べたひとは

ピアノが弾けない

幾何学模様の布の並んだ

小さな部屋に住んでいる蛾の

確信に満ちたうわごとである

面的に繙かれたアンビエントを

口の中でエゴと溶かしている

朝顔が咲き始めても

ジムノペディは聴こえない

独善ばかりは堆くある

絡めとられる糸また糸

机上の優しさだけが

もてはやされる賑やかさ

絡めとられる糸また糸

それは私の神経である

寄る辺を喪って久しい——

これが私の求めた旋律である

書けなくなった万年筆を

コップの水に溶かしてみたら

インクがどんな絶叫よりも

異様な流紋を描き

蛾に宛て遺書を認め始めた

あたかもラララが所有物で

花よ! などと緩怠を許せば

それが理解であるかのように

尊厳を消費し続ける瞳(蛾)

痩躯に憧れてピアノを残せば

ピアノを弾くことができるのか

私の神経は蜘蛛の糸でできており

不遜な蛾を丁寧に捕まえる

数多の諦観を免罪符に

流螢などに瞠目しつつ

綺麗だねえと嘯くだけの

人々を悉く見逃しつつ

黒鍵だけを押さえてみれば

いびつな和音の指し示す

今日のニュースが速報で

私の訃報を伝えていた

羊が凍る

生息域の考察は私に諦観を与え

大勢の前で偉人だった「彼」は

今や晒す恥や罪悪を探している

滴る筈の血は羊ごと凍り

私に妥協を教えてくれた

「彼」は時を見計らって

吐き捨てる科白を磨いて

銀の月に仕立て上げては

番号を与えて朽ちてゆく

泣きながらシーツを汚して

そこに咲いた花を知らない

泣きながらスープをすすり

やがて笑いだした事もない

幸せとはそういうことだろ

あなたはあなたでいられますか

あなたのままで生きられますか

それは教科書に載っていますか

だとしたらそれが正しさですか

誰のせいにしたらいいのですか

それとももうおいとましますか

生息域の探索は甘ったるい菓子

私にラム酒の絶望を浸み込ませ

晴れの舞台の上でライトを浴び

主人公だったはずの「彼」こそ

誰よりも早い終幕を望んでいる

はてどの辺りで生きられましょう

欠陥ではなく個性だと言い張れる

健全者の偶像が燃やされるときを

幻と仲良くして待っているのが私

火をつけるのは「彼」の使命だが

あんまり興味がないらしくて困る

生息域の喪失は優しい風となり

私にマイナーコードをぶつける

この世界で「彼」は手本として

次の新世界などを夢に見ながら

女神像を強かに舐めつけている

ざんざん月光が降ってきたら

好きなだけ浴びさせてほしい

私の愚かさは流行らない玩具

安価で譲らせてくれお願いだ

改造してくれたって構わない

そうすれば私も消えられるし

「彼」の気も済むことだろう

生息域がそろそろ終わる

誰かが嬉しそうに揺れる

私は沈黙の一択を迫られ

そうしてやがて笑うのだ

凍った羊みたいに無垢に

ケーキ

ホールケーキを等分にするためだけに

アリスがナイフを振るう

縦に切って

横に切って

斜めに切って

反対側も斜めに切って

ケーキは八等分になったけれど

春、夏、秋、冬、雨、雪、雷、風、アリス

テーブルには九名座っていたから

平等を守るために

ただそれだけのために

ケーキを切り分けたナイフで

アリスがナイフを振るう

みんなの見ている前だったのに

誰にも気づかれることもなく

地球儀に抱かれたままのアリスは

アイデンティティから手放した

アリスはケーキが大嫌いだとして

ケーキを欲しがるみんなを責めて

そんなに甘いものが欲しいのなら

ぜんぶくれてやるわと吐き捨てて

のっかった苺は母親だと主張して

3ミリずつスライスしはじめた

(これが史上初の殺苺事件である)

おやめよ、と春は

やめてよ、と夏は

やめなと、と秋は

やめとけ、と冬は

なんなの、と雨は

どうして、と雪は

おいおい、と雷は

あーあー、と風は

結局他人事としてやりすごした!

コンタクトレンズを入れ直したら

少しはマシな世界が見えるかしら

不機嫌なアリスは天気図を指さし

こいつらのせいで苦しいのですと

ケーキを切り分けたナイフを振るう

春が死んだら夏が来て

秋が背後から侵食し冬に化け

それが饐えたら春になる

雨も雪も雷も風も共犯であり

決して誰もアリスを許さない

季節外れも的外れも上等だ

アリスは倫理の中に生きていない

もはや概念として巣食うのだ

誰の心にもアリスはいる

都合が悪くなると、と、

いともたやすくナイフを振るう

アイデンティティの破滅した

ピンクのリボンをテールに巻いた

アリスという名の女の子が

じっと佇んでいるのだ

濡れているのは雨のせい

凍えているのは雪のせい

怯えているのは雷のせい

自由でいるのは風のせい

誰かのせいにできるだけ幸せさ

春夏秋冬四六時中未来永劫

アリスは倫理の円環の外側で

地球儀を回し続けている

平等であるためにそのためだけに

ナイフ片手に今

あなたの後ろに

Good-by chalon(dreaming forever)

街を歩いていると、ああ私ってほんとうに独りなんだなと思えるから好き。万が一もう一人、私が向こうの道からのたのた歩いてきてもちゃんと無視できるくらいには強くなりました。失うべき音が一つもないこの街の唯一の汚点が私。とても心地よい初夏の、少し湿気を含んだ風を鼻腔で吸い込むと、目の前で私が痙攣を起こして倒れるの、これも予定調和。星空に投げ捨てられた願いを拾ってそのへんの牛乳瓶に詰めて、多摩川に流すのも立派な使命だから、飽きっぽい私には相応しい安っぽくて美しい暇つぶし。ねずみ講を知らずに大人になれたことを最近では僥倖と呼ぶらしいね。信じていたものが足元からぐらつく快感も味わったこともないくせに、よくそんな顔で震えていられるもんだ。なーんてね。がらくたを寄せ集めて鱗粉を振りかけると私になります。レンジがあれば羽ごとチンしてくださいね。便利なのは生きることだけではないからね、生きやすさはなんでこういちいち湿っぽいのかしらね。私たちもう終わりましょうなんて私が言うんだけれど、いつ始まったっていうの。無愛想はよくないよと引きつった笑顔で列を成す私たちのどこにも責任はない。羽虫を潰して擦り込めばそれなりの模様みたいになるじゃない、もうそれでいいと認めるべきです。右目から垂れたひかりは多摩川のみなもで乱反射する恋。恋。馬鹿。いっせーの、で京王線の線路を一路目指した青春はあまりにも! 鐘を殴打するのは私しかいないじゃん、でもこの街のどこにも私だけいないじゃん、どうして悲しくなれるの、責任とれよ。そう迫ってもへらへらしているだけの私だから駆除されたんだねわかります。つらいときにつらいっていうとつらいからもうやめるね。恋の囚人を匿っていた檻の一本が私。よくしなると評判だったんだ、でも別にもう誰も信じなくていいよ、なにも始まっちゃいないんだから。

木を植える人

木を植えたいのです

誰のものにもならない場所に

誰にも識られることもなく

もちろん誰のためでもなく

これ以上眩しくないように

これ以上騙されないために

独りでちゃんといられるように

ああそれでも

僕の認識は否が応でも

大地から与えられた

血肉の間を満たしては

どくんどくんと脈を打ち

木のように黙ることができない

ズタズタになった僕の海馬が

中指だけを認めて

ボロボロに傷を負った中指が

僕だけを貫いても

それを決して愛なんて言わないで

太陽がもうひとつあれば

過ちも蒸発してしまうのに

この情けない体まるごと

なかったことにできるのに

オーケストラがやってきて

僕を責めるためだけに

素晴らしい演奏をする

サーカス団がやってきて

僕を糾弾するためだけに

ひょうきんピエロが首を吊る

ショーレースが開催されて

僕を無視するためだけに

ときめきが量産される

皆々様!(僕以外の)

喜びを!(僕以外へ)

木を植えたらばどうか

僕を独りにしてください

僕を独りにしてください

どこに植えるかはもう決めている

他ならない【ここ】です

(空想ここまで)

誰にも識られることのない

僕の脳幹の真ん中に

ツツジの木を植えました

――御覧なさい!

星空とはこんなにも綺麗だったのです

大静脈の儚さを教科書に載せましょう

選択肢を奪われてゆくことはすなわち

幸せの近似値であると断言しましょう

/こちら、独善の花にございます

天地逆転した人間の涙のように見えるのは

それを見るあなたが寂しいからです

アルバトロス

すべての痛みが
癒されるためにあればいいな
すべての悲しみが
許されるためにあればいいな
すべての傷という傷が
優しくなれるためにあればいいな
裂かれた皮膚は
かさぶたを経て強く生まれかわるね

神様もあの世も知らないけれど
きっとそれでも構わないさ
他でもない今この瞬間を
自分自身に誇れるきみが好きだ

気が向いたら口笛を吹いて
きみの名前を薫風に乗せよう
休みの日にはノートに向かって
きみの言葉を書き留めておこう

伝説になれなくたって
思い出にはなれるさ
遠い日のいつかが
今ここにあるでしょう

きみはただ
限りある命を誇り高く燃やしてくれ
私はもう
過去を言い訳に足踏みをしない
きみの痛みの欠片に触れて
白いカーテンがふわりと膨らんだ午後
私たちもうそろそろ
踏み出せる気がするんだ

もしもふたりして透明な涙を流せたら
それが再出発のサインだ
私たちきっと一緒に歩いて行ける

今はとにかく一緒にいよう
いずれ水平線に沈む太陽を見に
湘南あたりまでドライブしよう
そんなありきたりな約束しよう
叶いますように
叶いますように

そんなありきたりに「ありがとう」を
言える日がきますように
祈り方も知らずに祈るんだ
きみは相変わらずのんびりとハンドルを握る
私は助手席でスマホで外の景色を撮る
そんなつまらないドライブしよう

空を飛べなくたって
風は感じられるさ
それ以上になにも望まない
無力で無欲なきみが好きだ

銀色の蝶のるるらと舞う皐月の空
間違いなどどこにもなくて
正しさと正しさが争っている日々
あらゆる雑音から耳を塞いで
微笑む強さはきみのもの
風はそういうところに吹く
だからとなりにいたいんだ

すべての言の葉から
体温が失われていくのをきみは
コンビニで買ったコーヒー片手に憂う
きっと意味だけが残った言の葉は
分厚い辞書の中で永眠するだろう

だから私はこれ以上
むつかしい言葉など覚えずに
アルバトロスになりきって
きみの心に巣をつくるんだ

すべての涙が
星空に還るために流れればいいな
すべての空白が
埋められるために存在してるように
すべての孤独が
愛を識るために穿たれていればいいな

こんな欲張りな私の願いごとが
すべてすべてすべて叶いますように
叶いますように

∞×

私ね、あっちで生まれたの。生まれただけでまだ誰も手にかけたことがないのね。だからうまく影を伸ばせないし、助けを乞われたらいくらでもいうことを聞いてしまうの。優しいねって? そんなの褒め言葉にも貶し言葉にもならないわ。

妄想動機:

月が最近分裂しはじめたじゃない、それをきちんと責められなかった私にも、きっと非はあるんでしょう。だからこうして耳を塞いでいるとね、外野の雑音がキャンセリングできるからやってみてごらん。正しさなんてどこにもないってそろそろわかると思うの。

▽被疑者

散り散りになった叫びを掻き集め、月に返却するお仕事から帰ってこない人

▽被害者

月兎(≒自爆が趣味)

僕はただ、素朴な歌詞とわかりやすいメロディーがほしかっただけです。たったそれだけだったのに、叶わなかった。彼女は安寧に走り成功者となった。悲しみのあまり僕は彼女を愛してしまいました。彼女に誹られて誹られて誹られて誹られて、それでも彼女を愛しました。こうやってね

()

私ね、こっちで生まれたの。生まれただけでまだ彼しか手にかけたことがないのね。だからうまく証拠を隠滅できないし、兎を差し出されたらいくらでも狩ってしまうの。寂しいねって? そんなこと生まれる前からわかっていたわ。

処方概要:

月が分裂した部分に塗るクリーム状の感情は、私を責め立てる人々のヒステリーによって化学反応を起こして生成します。同情とよく混ぜてください。どんなに耳を塞いでも無駄よ、聴こえくるのは脳みその内側からだから、覚悟とは決めるためにあると思うの。

言えなかった「おかえり」は

もうどこにも落ちていないと

思い知らされた夏のはじまり

いつのまにか春はくたばって

残骸がにやにや笑っています

私はなにも悪くない悪くない

【供述より抜粋】

守りたいものがないってのは、気持ちのいいものですねえ!

∞×

私はなにも悪くない

メモリーカード

どこにもないはずの記憶がメモリーカードに保存されており私のいつかの嘆きも怠惰も独りよがりな悲喜劇もすべて残っておりました

誰からも忘れ去られた公園の錆びた遊具たちは互いにへつらうことをせず朽ちるのを黙って待ってただただ佇んでいます

私にはそれができない

呼吸とあいさつとお礼と愛が伝わればそれでいいのに私のこの口は次から次へああでもなければこうでもないと言葉を吐き出し唇濡らし眠る時だけ眠るのです

隣はなにをする人ぞ

どうでもいいことのはずが相手はなにを思おうぞどんな駆け引きをしようぞどうやって言い負かしてやろうとそんなことばかりにメモリーを費やしている犬に噛まれても

風は誰も素知らない

風は誰も誹らない

すべてが雑音として人々のつぶやきもまた

流されてゆけば良い

私もまたただの雑草としてその辺にそよいでいたい

全身に薫風を浴びられたらそれ以上は何も望まない

誰かに踏まれても構わないその人がまた歩き出せるのなら

メモリーカードがいっぱいになってどれか消去を求められたら迷うことなくこれまでの独りよがりな悲喜劇をフォーマットしてしまいたい

では、世の中のパソコンというパソコンを壊してまわりましょうこのメモリーカードが決して再生されないようすべてのカードのスロットルに痛覚神経を通しましょう痛みは何よりの抑圧ですから(このことをよくしるのが、えらいとされるひとびとです)

夜の公園でひとりで古いブランコを漕いでいましたら同じく迷子の野良猫がこちらを笑っておりました

私はついつい嬉しくなって気持ちを必死に噛み殺し明日もし目が覚めたら神様に二択を迫ろうと決意しました

この世界から光か私どちらかを跡形もなく消去ください

きっと神様はこうおっしゃいます

手っ取り早いのはメモリーカードをハンマーで割ってしまうこと

あなたが欲しいのは金のハンマー?それとも銀のマッシャー?

そしたら私はこう答えます

プラチナ製の痛覚神経をくださいと

明日吹く風にもし名前がなければそのときは『思い出』と名付けてください許さなくても別にいいので忘れさせてください

一刻も早く

何もかも

早く

(安心なんて、するなよ)